NEWS

N邸の耐力壁は3種類あります。

まずは、耐力面材のダイライト。外壁下地として全面に設置します。通気性もあるので断熱部の湿気を外部に逃がしてくれます。

次に、一般的な筋交い。耐震等級3としているため、ダイライトだけでは足りず、バランスを考えながら適所に配置しています。

最後に、制震ダンパー。今回はHiダイナミック制震工法を採用しました。もちろん設計時にシミュレーションも行ってくれます。

吉日に棟上げを行いました。

夕方には...大工さんって本当にすごいですよね。

梅雨に入り、軒が無いので、当分の間ブルーシートをかけてくれています。

N邸の基礎も梅雨前に始まりました。

まずは掘方。

次にベタ基礎底盤のコンクリート打設。

最後に基礎立上りのコンクリート打設。

今回のN邸を施工する工務店は、鋼製型枠や鉄筋加工もすべて自社で行うんです。こだわりを感じます。